Yogee New Waves 1st Album『PARAISO』

2014.9.10 release!
2014.9.10 release!

  聴いた瞬間、何故だか分らないが都会の匂いを感じた。都会の慌ただしさに逆行する様にぐっと力の抜けたBPMとボーカルの独特な歌い回しの効いたメロディーラインが心地よい。一枚を通じて漂う空気は日本ではないどこか、もっともっと遠くの楽園へと、ぷかぷか、ふわふわと、霧の中を彷徨っていく感覚は何か危険な楽園ささえも感じてしまう。しかし、彼らはその楽園に導こうとしている訳でも、ましてや作ろうとしているわけでもない。楽園は楽園に過ぎないことを知ってしまっている切なさも散らつく。聴き終わると暫く脳内で残像が残り、それは霧がじわじわと晴れるかのように消えていつもの日常へと戻った。

 Yogee New Wavesは“都会におけるPOPの進化”をテーマに掲げている4人組バンド。ただ単に東京を拠点に活動しているからこのテーマがある訳ではなく、中心メンバーである角舘健悟(Vo.&Gt.)は生まれも育ちも東京都新宿区。若者にとっての「憧れの街、東京」という言葉はむしろ無縁で、彼にとって東京とは現実だった。そんな人だからこそ身体に染み込んでいる東京の空気感が音楽に滲み出ているのだろう。

 公言しているはっぴいえんど等の影響も強く感じる。いわゆる80年代のシティ・ポップの再来なのか?2014年は初の全国流通音源をリリース、7月にはフジロックへの出演と知名度を上げていったが、まだまだ始まったばかりとも言える一年だろう。そして今作は、今の東京を地盤に彼らの『PARAISO』を作り上げた。Yogee New Wavesを作っているのは過去の素晴らしい音楽達ではなく、彼らが見て、聴いて、感じた東京という場所なのだ。私は彼らが新しい風を吹かせてくれるのではないかと、その可能性をこの一枚に感じずにはいられない。

text by 松本明莉


『PARAISO』Yogee New Waves

2014.9.10 release!

通常盤:¥2,000+税/ROMAN-001


1. Megumi no Amen

2. Summer

3. Climax Night(album version)

4. Good Bye(album version)

5. Hello Ethiopia

6. Earth

7. Listen

8. Dreamin Boy

9. Camp


■LIVE INFO

2014.12.14(日) 恵比寿ライブゲート

2014.12.20(土) 札幌SoundCrue

2014.12.21(日) 札幌SoundCrue

2014.12.23(火・祝) 新宿MARZ⇔新宿Marble⇔新宿Motion(3会場往来自由)

2015.1.18(日) 下北沢THREE

2015.1.30(金) 名古屋・鶴舞K.Dハポン

2015.1.31(土) 大阪・心斎橋Live House Pangea

2015.2.1(日 )岡山blueblues

■OFFICIAL WEB

http://yogeenewwaves.tokyo/


DISC to ROCK!