フレデリック mini Album『うちゅうにむちゅう』

2014.03.12 release!
2014.03.12 release!

 第一印象を一言で表すなら、とても不気味(注:愛を込めて書いています!)。深海にゆるゆると吸い込まれていくような。メロディーも歌詞もアレンジも、爽やかさの欠片なし!例えば『目覚まし時計が鳴るより先に目覚めた休日の朝。カーテンを開けると、青い空に眩しい太陽が映えて、云々カンヌン…』みたいなのが似合わない。逆に『目覚まし時計が鳴らなくて予定より2時間も寝坊した休日、空は重たい曇天で、云々カンヌン…』みたいなのが似合う。私達の日常に前者の様な爽やかな瞬間って結構少ない。大抵は、安眠を目覚まし時計のけたたましい警笛に遮られるところから始まるんですよね。こんなサウンドで『これから命をどうすんの』なんて目覚まし時計を鳴らされた日には、嫌でも心の眼が覚める。

 最初に不気味と言ったのを若干咀嚼すると、ベースリフやメロディーラインが予想を容易に裏切ってくるのです。ギターのアルペジオが、決して前面に押し出されている訳ではないのにやたらと耳に残るのも、他パートとの絶妙な抜き差しによるものと予測できる。このバンド、とてもバランス感覚が良いのでは?と思うのです。それも、やじろべえが平衡感覚を保っているのとは違い、今にも落っこちそうなのにどんなに揺らしても絶対に平均台から落ちない男子小学生の様な、平衡の保ち方。見て(聴いて)いるととてもハラハラするし、目を奪われるけど、飽きないし、ずっと見て(聴いて)しまう…。となった時には時既に遅しで、「うちゅうにむちゅうちゅうどく」に侵されています。

 2回目の再生ボタンを押す時には、歌詞の内容にも注目してください。さっき目覚めた心の眼に、新しい景色が映るでしょう?

text by Miyaco.

『うちゅうにむちゅう』フレデリック

2014.03.12 release!

¥1944(tax in)/MASHAR-1002

01.パパマーチ

02.SPAM生活

03.秘密のお花畑

04.bunca bunca

05.アウトサイドの海

06.ほねのふね


DISC to ROCK!